美容整形外科で相談|眼瞼下垂等の目元のコンプレックスを解消|埋没法等の施術方法を知る

眼瞼下垂等の目元のコンプレックスを解消|埋没法等の施術方法を知る

美容整形外科で相談

婦人

まぶたが下がってきます

眼瞼下垂とはまぶたが自然に垂れ下がってしまう症状のことで、先天性のものと後天性のものに分けることができます。先天性のものは遺伝的素因などを持つ子供が早期に発症することが多く、学校の眼科検診などで発覚することが多いことで知られています。後天性の眼瞼下垂はおもに事故による衝撃や加齢によるものが原因となります。加齢による眼瞼下垂の場合には慢性的な頭痛や肩こりなどの症状の原因ともなってしまうため、やはり治療を行うことが望ましいと考えられます。眼瞼下垂の原因は瞼の裏側にある上眼瞼挙筋と瞼板との結合が緩むことが理由です。症状が進むと二重まぶただった人が腫れぼったい一重まぶたとなってしまったり、目を開けて物を見るのがつらく感じるようになってしまいます。

美容整形外科がおすすめ

眼瞼下垂の治療は美容整形外科で行っています。美容整形外科での治療ではレーザーを使用した切開治療と、糸を使用することによって瞼の開閉を楽に行うことができるようにする治療法があります。レーザーを使用した治療のメリットは傷口がふさがりやすく、傷口の後も目立ちにくい点にあります。切開手術に抵抗感のある人には、医療用の糸を使用する手術がおすすめです。糸を使用した手術では、特殊な医療用の糸でまぶたの裏側から目を開きやすくするように縫合する手術を行います。切開を行わないので手術が短時間で済む点や、傷跡がほとんど分からないなどのメリットがあります。眼瞼下垂の手術は眼科でも行っていますが、仕上がりを含めた美容面のことも考慮するのであれば、審美上のバランスを考慮した手術にたけている美容整形外科で手術を行うほうが賢明です。美容整形外科では目の形や開き具合なども相談しながら手術内容を決めることができるのでとくに審美面を気にする女性にはおすすめとなっています。