眼瞼下垂等の目元のコンプレックスを解消|埋没法等の施術方法を知る

美容整形外科で相談

婦人

眼瞼下垂の治療は美容整形外科で行っています。美容整形外科ではレーザーを使用した切開手術や医療用の糸を使用した手術などが行われています。眼瞼下垂の手術は眼科でも行っていますが、審美面の事も含めて考えるのであれば美容整形外科で手術を行うことをおすすめします。

もっと見る

上まぶたを持ち上げるため

目元

眼瞼挙筋のたるみが原因

美容整形で目元の整形を行うと聞くと、二重にする埋没法等の施術を頭に思い浮かべる人もいるでしょう。しかし実際にはコンプレックスを解消する埋没法のような施術以外にも、事故によって後遺症として残ってしまったものを治療するために行う施術も存在します。例えば眼瞼下垂を治療するための施術がその治療に該当するでしょう。眼瞼下垂とは、上まぶたと一体となっている眼瞼挙筋がたるんでしまい、上まぶたが開きにくくなることです。上まぶたがしっかりと持ち上がっていなければ、人からはうつろな表情に見えてしまいがちです。また、上まぶたが垂れている分だけ視界が狭められるので、物が見えづらくなります。すると、しっかりと見るために目を凝らしたり、首をのばしたりするようになるので、目の疲れや肩こりも生じやすくなります。このように、美容面においても健康面においても問題となるため、眼瞼下垂は早めに治療することが大事とされています。治療は主に、たるんだ眼瞼挙筋を、上まぶたに縫い付けるという方法でおこなわれています。もともとこれらは一体化していますが、接合部分がさらに増えるように縫い合わせることで、上まぶたが持ち上がりやすくなるのです。

たるみが重度の場合

眼瞼挙筋のたるみが大きい場合には、上まぶたにうまく縫い付けることが困難となります。そのような場合の眼瞼下垂の治療は、縫い付けるのではなく、新しい眼瞼挙筋を用意するという方法でおこなわれます。具体的には、こめかみなどから筋膜を採取し、それを上まぶたの内部に移植して、新しい眼瞼挙筋とするという治療です。たるみがなく、しっかりと収縮する筋膜が採取されるので、それが上まぶた内で定着すれば、上まぶたはスムーズに開閉するようになります。もちろんその筋膜は、患者自身の体内に存在していたものですから、体が拒絶反応を起こす心配もありません。眼瞼下垂には、先天性のものもありますし、事故などの衝撃により眼瞼挙筋が断裂することが原因となっているものもあります。こういった重度の眼瞼下垂でも、この治療方法なら改善していくことができるのです。

イメージを左右する症状

女性

眼瞼下垂の症状は、その人のイメージを悪くしてしまいます。そのイメージが改善できる眼瞼下垂の治療は、若さと自信が戻る点でも人気です。症状の特徴は自覚症状が少ないことです。整形の手術は2時間前後と比較的早く終わります。臨床経験の豊富な医師も増え、安心して治療が受けられます。

もっと見る

重たいまぶたの改善

目元

美容皮膚科では、眼瞼挙筋腱膜前転術や埋没法によって、眼瞼下垂を治療することができます。眼瞼挙筋腱膜前転術は高度な技術が必要になりますが、埋没法だと比較的簡単に眼瞼下垂を治療できます。眼瞼下垂が治ると、目がパッチリと開くようになります。

もっと見る